ホーム  >  現役職人社長のつぶやき・・・  >  現場のプロからアドバイス!  >  親と子の思いの違い

親と子の思いの違い
カテゴリ:現場のプロからアドバイス!  / 投稿日付:2021/09/09 07:46

『尾張旭市の不動産売却・買取はお任せください』

センチュリー21ピース代表のイトウです。

前回は、相続対策の間違いとして『生前協議で、争族を防げ!』

というお話をしました。

今回は、『親の立場、子の立場』と題して、考え方の違いに

ついてお話をしたいと思います。

『相続』が『争族』になってしまう人方々は非常に多いです。

「えっ?お金持ちだけでしょ?」・・・

そんな風に思っている方は多いと思います。

昔は、確かに一般の家庭でもめることは少なかったと思います。

『長男主義』という考え方があったからかもしれません。

しかし、情報あふれる現代では、ほかの兄弟姉妹も相続に

関する知識を得てしまい、『もらえる権利』を主張することが

多くなりました。

1000万円以下での裁判沙汰が約30%を占めるほどです。



その様な『揉めやすい』状況だからこそ知っておいてほしい

のが、親と子の思いの違いです。

親という立場で考える事、子という立場で考える事が違うのは

当たり前です。

親の考え・・・みんな仲良く

子の考え・・・面倒見た分は余分に欲しい。最低でも平等に


もうすでに、ズレてますよね?

親から見れば、みなかわいい子供たちですが、子の立場から

すれば、

・介護の世話をしたのはだれか?

・大学まで行かせてもらった兄はずるい

・結婚資金を出してもらった妹はずるい

などなど、自分たちの都合の良い事ばかりを主張します。

実際、相続に関して言えば『介護した人は損』だと言われます。

親への寄与分が評価されづらいからです。(制度は出来ましたが…)



※実際には、なかなか使いづらい制度のようです・・・

そうすると、介護してきた立場から言えば、『損』した

気持ちになります。


介護してもらった親の立場からすれば、介護してくれた子供に

少しでも多く残してあげたいと思うでしょう!その対象が、

お嫁さんかもしれません。



それを、法定相続分で一律に分けるとなると、やはり揉め

ますよね?

だからこそ、生前協議や遺言書の作成などをきちんと行って

おくべきなのです。

心の中にある思い(本音)は言わなければ伝わりません。

「あの時は~」「この時は~」と不毛な争いをする前に、

親の立場での本音、子の立場での本音を皆で話し合って

おきましょう!

今回のまとめ!

『相続はモメる。だからこそ、話し合いで家族の本音を共有しよう!』

次回は、長雨の後の清掃ポイントについてお話します。

お楽しみに!

ページの上部へ