ホーム  >  現役職人社長のつぶやき・・・  >  現場のプロからアドバイス!  >  相続対策 間違い③

相続対策 間違い③
カテゴリ:現場のプロからアドバイス!  / 投稿日付:2021/09/08 08:00

『尾張旭市の不動産売却・買取はお任せください』

センチュリー21ピース代表のイトウです。

前回は、「相続対策のよくある3つの間違い」として、その②

『法定相続分は絶対もらえる権利ではない!』というお話を

しました。

今回は、その③として、『生前協議はタブー?』について

お話をしたいと思います。


一般的に、相続に関しての話し合いは、被相続人が亡くなった

後に、相続に関して話し合いがされることが多いです。

もし、この話し合いを被相続人が生きているときに、

家族全員ときちんと話し合いが出来たらどうでしょう?




① 残す側の想い

② 受け取る側の感謝


③ 家族のつながりの再認識

が出来るのではないでしょうか?





勘違い③ 生前協議はタブーではない!

相続で、モメたくないと願う子供は少なくありません。

親が健在なうちに、きちんと財産分与を決めてほしいと

願う方が当然だと思います。

しかし、現状はどうでしょうか?

親が健在なときに遺産相続の話をすると、

・「縁起でもない!」と激怒

・「もう、遺産をあてにするのか?」と呆れられる

・「まだ生きてる」と拒否

などなど、どうもタブー視されていることが実情です。

本当にそうでしょうか?

生きているうちから来る日の準備をしておくことが、残された

家族が不幸にならないために必要な事だと思います。

生きているうちから、その後について準備をするという意味

では、生命保険も同じです。

多くの方は『生命保険に入るのは当たり前』と思っているはず

なのに、なぜ『相続生前協議』はダメなんでしょう?

家族間で、『生前協議』を行う事で、残す側・受け取る側が

満足できるものになります。

今回のまとめ!

『相続を争族にしたくなければ、
        生前協議をすべし!』



次回は、相続の「親の立場・子の立場」についてお話します。

お楽しみに!

ページの上部へ